車買取相場

こんなに差がでるの!?

車というのは長く乗れば乗るほど愛着が出てくるものです。

 

新車購入やライフスタイルの変更を機に愛車を売却するとなった際、その愛着のある車をできるだけ高く売りたいものですよね。

 

例えば新車購入を機に愛車を売却するという人の多くは、新車を購入するディーラーに愛車を下取りに出しますよ。

 

確かにこれが一番楽なわけですが、ディーラーに下取りに出すと、10万円以上も損する事だってあるんです。

 

ディーラーの下取り価格と、車買取専門店の見積もりが40万円も違ったという話だって結構あることですからね。

 

 

まずは、トヨタが運営している下記のサイトなどで、愛車の下取り参考価格をチェックしてみてください。

 

≫≫トヨタ運営の下取り参考価格チェックサイト

 

 

調べた参考価格を最低限のラインとして、そこからどれだけ上積みできるか、ということに挑戦していきましょう。

 

といっても全く手間がかかることではなく、「無料一括査定サービス」を活用するだけなんですけどね。

 

 

ディーラーでの下取りよりも、車買取専門店のほうが高い価格を提示してくるということはよく言われる事です。

 

でも車買取専門店の間でも、提示価格は下記のような感じでかなり差があるケースがあるんですよ。

 

 

 

 

 

 

なので、できるだけ多くの車買取専門店に査定してもらうということが重要になってくるわけですね。

 

 

 

「一括査定サービスサイト」は色々と登場していますが、人気があり、大手企業が運営しているから安心して使える3社を下記のように挙げてみました。

 

より多くの買取専門店に価格競争させたいなら、3つ全部使ってみればよいと思いますし、そこまでは手間がかかって邪魔くさいという人は、まずは「かんたん車査定ガイド」から使ってみればよいと思いますよ。

 

 

 

 

 

・かんたん車査定ガイド

 


≫≫かんたん車査定ガイド

 

 

・ズバット車買取比較

 


≫≫ズバット車買取比較

 

・カーセンサー.net簡単ネット査定

 


≫≫カーセンサー.net簡単ネット査定

 

 

 

 

 

「一括査定サービス」登場以後の中古車業界

 

「一括査定サービス」が登場するまでは、車を買い取る会社にとっては、ある意味で平和な時代でした。

 

ディーラーに下取りに出さない人は、車買取店に直接訪れることが多かったんですよね。

 

そして冷静に考えてみれば誰にでもわかる事ですが、そこでは年がら年中車の価格を交渉している「プロの査定士」と、今までの人生で一度か二度ほどしか、車の価格を交渉したことのない「情報弱者である素人」との戦いになるわけです。

 

もちろん商売ですから、買取店側はニコニコしながらお客さんを立てて機嫌をとってくれますが、本心ではその車をできるだけ安く買取ることしか考えていません。そして毎日毎日そんな仕事をしているわけですから、「こういうタイプのお客さんは、この部分を突いていってら簡単に折れるな」とか、「自尊心が強いタイプだから、持ち上げるだけ持ち上げたら気持ちよくなって細かい事を気にしなくなるタイプだな」など、まぁ完全に相手の土俵で戦うことになってしまうわけですよ。

 

そして驚くほどの利益を上げていたわけです。悪く言うと、情報格差を利用して、ぼったくっていたわけですよね。

 

「飛んで火に入る夏の虫」のような感じで、買取店を訪れてくれるお客さんが昔は多かったので、このようなパターンも多かったわけです。

 

 

ところが、「一括査定サービス」が登場し、多くの人が車を売る時にこのサービスを利用するようになって、状況が一変しました。

 

今までは、「車買取店のプロ」対「素人のお客さん」という構図で価格交渉が行われていたのが、お客さんは直接交渉する必要もなく、たくさんの「車買取店のプロ」同士がしのぎを削って高い価格を提示してきて「うちに売って下さい!」と言ってくるのを、高みの見物できるようになったということですから。

 

車買取店の一台当たりの粗利益はどんどん落ちているようですよ。その分がユーザーに還元されているというわけですよね。これぞインターネットを活用した、まさに個人ユーザーの味方のようなサービスと言えるでしょう。

 

買取業者は薄利になってしまったとしても、車をたくさん買い取って転売しなければ商売にならないわけで、他の買取店よりも少しでも高い価格を提示しようと激烈な競争が起きるわけです。

 

 

「一括査定サービス」というのは、それまでの業界の常識を変えてしまうほどの革新的なサービスであるわけで、いざ自分が車を売るというタイミングが訪れた際には、絶対に使わなければ損というような本当に有益なサービスなんですよね。

 

 

 

 

その他

自信を持って交渉すればいいです!

 

 

ある大手の車買取専門店に勤めていた人の話ですが、1日に平均すると5件くらいの査定をするために、担当地域を車で飛び回っていたようです。そして多い時には10件くらい査定するような時もあったようですから、本当に一日中、移動しているというような感じなんでしょうね。なかなか大変な仕事だと思いました。

 

でも、そのように大量に査定して回っても、実際に買い取りにまで至るのは、2〜3割程度だったと言っていました。7〜8割は無駄に終わってしまうわけですね。「車買取一括査定サービス」が登場してそれほどまでに競争が激化しているということなのかもしれませんね。

 

車を売るお客さん側としては、このような実情を把握しておけば、自信を持って実際に査定をしてもらった後の価格交渉をできるのではないでしょうか。

 

あまりにも無謀な価格を要望することは避けたいですが、「相手はプロなんだから、こんな価格を再提示したらバカだと思われるんじゃないか。」とか思わずに、提示された価格に納得がいかなければ、しっかりと自分の希望価格を伝え、交渉すればいいと思うんです。

 

相手は、7〜8割の査定が無駄に終わっているんですよ。いくら利益が小さくなったとしても、買取ができない(=儲けが0円)よりはましなわけです。

 

だから、利益が少なくなったとしても、他の買取店を出し抜いて買取りたいというのが本音だと思うんですよね。

 

 

現状の車買取における現場はそのような状況だと頭の片隅に置いておき、納得のいく価格で愛車を売却できるようにあせらず行動していけばよいと思います。